四十肩・五十肩の情報から、しっかりした対処をして肩の痛みをとりのぞきましょう。

2009年06月25日

五十肩 治療

五十肩四十肩で1年余、悩まされている人は
けっこう多いらしい。

五十肩針治療整体に行っている人、
五十肩といわれて、週1回の注射だけで、1ヶ月で症状が亡くなった人など。。


どういう治療をしていいのか悩むのは確か。

西洋医学より、東洋医学のほうが効くのかなど、
いろいろ考えてしまいます。


今日は、整形外科へ行って2週間ぶりの肩への注射をして、
痛みどめの薬と塗り薬をもらった。


前に肩に貼る湿布をもらっていたのだが、
この湿布は粘着力が強く、肌が弱いとかぶれやすい。
そして、もっとひどいことに、
紫外線に当たると日光過敏症になりやすいので、
湿布の貼った場所の衣類は、
色の濃いものを着用することが必要という。


また、もっとひどいことに、
貼ってなくても、
その後4週間は同様に肌を保護しないと、
日光過敏症になりやすいという。


この暑い夏に、
長袖を着る??

ほんと、面倒。。。


今までは、しょうがないから、
薄手の上着をはおったりしていたけど、
塗り薬もあるというので、
塗り薬のほうに変えてもらったわ。



整形外科での診察のあとは、いつものリハビリ治療7回目。

温熱と電気をあてて、マッサージ治療。

ほうっておくと、固まるから、
定期的なリハビリは必要というが、
なかなか週3回で、これが、半年から1年続くのかと思うと、
鬱陶しくなってしまいます。。



posted by 四十肩・五十肩 肩治療ナビゲーター at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 四十肩 五十肩 治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

五十肩痛みのストレス

五十肩になった時、
痛みがあるのに無理に痛みが出る動きをしていたり、
無理やりストレッチなどをすると、
かえって逆効果になるそうです。


そのを動かしたときの痛みのでる部分を
脳がしっかりキャッチしていて、
逆にその位置から肩が動かないように
がちがちに筋肉を緊張させてしまうそうです。


その筋肉の緊張が、
また、五十肩痛みを引き起こす原因になるというらしいです。


五十肩になったら、
日常の動きはできるだけ痛みを出さない行動範囲にして、
肩の筋肉の緊張をとくようにすることが、
ベストだということです。


しかし、
主婦は、どうしても家事などで動かなければならず、
習慣で両手を使って動く行為が多いため、
習慣で動いて「あ〜〜痛い!!」
というはめになってしまうことが多々あります。


なんとか、
痛みを出さない生活をして肩をリラックスさせて、
できるだけ、早く五十肩を治したいんだけど。。。










posted by 四十肩・五十肩 肩治療ナビゲーター at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 四十肩 五十肩 治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。