四十肩・五十肩の情報から、しっかりした対処をして肩の痛みをとりのぞきましょう。

2009年06月28日

五十肩 日常の動作の注意

五十肩治療で、
の注射が4回。
のリハビリが、8回。

当初のの激痛からは、だんだん痛みが少しずつ緩和しているような気がする。

しかし、不意に痛みの方向に動かしてしまった時の激痛には、
うずくまってしばし動けなくなるほどの痛みはまだ存在しています。



昨日も、まさかのドジをしてしまいました。。
裏口に降りるときの段差が少し高く、
降りるときに、うっかり、足をすべらしたんです。。
生ゴミを外へ出そうとしていて、
左手に生ゴミを、右手をドアノブにかけていたら、
うっかり、右手がドアノブをもったまま体が下方へ。。。

右腕が内側に回り、
体の内側の方向には、まだ腕が動かないというのに、
右腕がぐいっとひっぱられてしまいました。。。

その時の激痛のひどさといったら。。。。

やっと、炎症がおさまりつつあるかなといったときだったのに、
ホントに何をしているんだろう。。。


しばらく伸ばされた右手全体にしびれが走り、
右手の指がまひしてものをつかめないほどに・・・
初体験のこの症状に
だいじょうぶか、私の体は・・・・・・


ほんとに焦りました。

この右手のしびれいつまで続くんだと思っていたら、
意外と、20分ほどで、す〜っと痛みもしびれも引いて言ったので、
尾を引かなくてよかったんですが。

でも、きっと、
激痛があるということは、
炎症をまた起こしてしまったということですよね。

本当に日常の何気ない動作を、
今まで通り、腕が360度回せるつもりでついつい動かしてしまうと、
しばし、痛みで動けなくなります。。

どうも、まだ学習能力がないようです。

あ〜〜
今日、大学病院から北先生のリハビリに行ったんですが、
このことを話したら、
しっかり怒られました!!


基本は安静です。
無理に動かして痛みを引きだしたら、
また逆戻りですよ。

と言われてしまいました。

本当に日常の行動に右腕をうっかり使わないというくらい
注意が必要です。


しかし、痛みを出さないほどのリハビリ体操も教えられました。

これが、けっこうむづかしい。
ついつい、痛みを多少我慢しても、
可動域を広げようとがんばってしまう自分がいます。。


【関連する記事】
posted by 四十肩・五十肩 肩治療ナビゲーター at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 四十肩 五十肩 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

五十肩 治療

五十肩四十肩で1年余、悩まされている人は
けっこう多いらしい。

五十肩針治療整体に行っている人、
五十肩といわれて、週1回の注射だけで、1ヶ月で症状が亡くなった人など。。


どういう治療をしていいのか悩むのは確か。

西洋医学より、東洋医学のほうが効くのかなど、
いろいろ考えてしまいます。


今日は、整形外科へ行って2週間ぶりの肩への注射をして、
痛みどめの薬と塗り薬をもらった。


前に肩に貼る湿布をもらっていたのだが、
この湿布は粘着力が強く、肌が弱いとかぶれやすい。
そして、もっとひどいことに、
紫外線に当たると日光過敏症になりやすいので、
湿布の貼った場所の衣類は、
色の濃いものを着用することが必要という。


また、もっとひどいことに、
貼ってなくても、
その後4週間は同様に肌を保護しないと、
日光過敏症になりやすいという。


この暑い夏に、
長袖を着る??

ほんと、面倒。。。


今までは、しょうがないから、
薄手の上着をはおったりしていたけど、
塗り薬もあるというので、
塗り薬のほうに変えてもらったわ。



整形外科での診察のあとは、いつものリハビリ治療7回目。

温熱と電気をあてて、マッサージ治療。

ほうっておくと、固まるから、
定期的なリハビリは必要というが、
なかなか週3回で、これが、半年から1年続くのかと思うと、
鬱陶しくなってしまいます。。



posted by 四十肩・五十肩 肩治療ナビゲーター at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 四十肩 五十肩 治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。